帰りましたのぉ(♥ó㉨ò)ノ♡

帰りましたのぉ(♥ó㉨ò)ノ♡



ただいまぁ~><♪
31日に田舎から帰ってきましたよぉモ
関東は暖かいですねぇ。ホッとしますぅ❤

おばあやんの事でみなさんにご心配おかけしましたぁ。
あたたかいコトバもありがとぉ☆ミ
大きな病気をしたワケじゃないんだケド
90歳なのでヨボヨボ~っとなったんだと思いますぅ。
3年前もこんな感じで↑帰ったんだよぉ。
その時は現地で小さなやまちゃんをお迎えして
一緒にムギー君が待つ関東へ帰ったのでしたぁ。
今年はやまちゃん&ぴょんたん。
まるで民族大移動でしたぁ><

おばあやんは最初
顔色が悪かったケド
特にお布団から出られないってワケじゃなくって
歩くのにチカラが入らないっていう感じでした。
背中がすっかり丸くなってしまったので
呼吸をするのが辛そうでした。
見た目は辛そうにしてないんだケド
息を吸う時「ヒューヒュー」と音を立てていました。
ストローのくちを付ける反対側の端を
指でつぶしてそれを吸い込む感じ。
思いっきり吸わなきゃ肺まで届かないんだと思います。
息をはく時はダイジョブな様子ですぅ。
でも段々とキッチンの方にも立てるようになって
家の裏の方に行って家庭菜園の成長具合をチェェック!したり
スロ~リィ~にかつちょこちょこと動いていましたよぉ。
「いちごを穫るのが楽しみっ♪」って言ってましたぁ☆
3年前よりパワーアップしてたのは
志村けんのコントにある『ひとみばあちゃん』みたいに
歩きながら「ん゛・ん゛・ん゛・ん゛・ん゛・ん゛」って言ってるんだケド
それが前はたまにだったのが
頻繁に言うようになってておもしろかったですぅ♪
どっかからこっちに歩いて来るのが分るんですよぉ。
姿が見えないのに声がするのぉ(✿´∀`✿)ノ
お腹痛くなるくらい笑っちゃうからはやく来てぇぇ><
「自分でも気づいてるのっ?」って聞いたら
「うんっ。なんとなく!言うとチカラが入るような気がする」って
言ってたケドう~~んホントにそうなのかなぁ?

あたしは就職してまでもおばあやんと一緒に寝てたくらい
おばあやん子だったので
今もその習性が残っていて5日間くらい一緒に寝てたんだケド
背中&腰にシップを貼るんですよねぇ。
それでシングルベッドの狭いトコにふたりで寝てるもんだから
あたしの腕とかにシップ部分が触れて
カアーーっと熱くなるんですぅ。
それで寝付けなくなっちゃってとうとう
お姉が泊まってた時のお布団が敷きっぱなしだったので
ひとりで寝る事にしたんですぅ。
そこはひんやりとしてたケド
シップでイヤにほてって寝れないよりはいいかなと思いましたよぉ。
ところがどうでしょう?
あたしが来て最初おばあやんが
「ベッドは狭いし夜トイレに起きるから別々に寝っぺぇ」って言ってて
それでもあたしが一緒に寝るって言う事聞かなかったんですぅ。
いざあたしがひとりで寝る事にしたら
「なんか追い出したみたいだから一緒に寝よう」って言って
シュンとしてるんですぅ><
シップがあたって熱いとも言えず。
ぃゃぁ~シップってホント肌に触れない面も
カアーっと来るんだねぇ。


あたしは向こうで何をしてたかと言うと
お掃除したりご飯作ったりお洗濯したり。。。
やってる事はいつもと変わらないんだケド
ジャイアニズムな父の下でちょっと息がキレ気味でしたぁぅ。
でも昔よかまるくなったかなぁ☆ミ
そんなお父さんでもぴょんたんを見るなり
「オメェめんこいなぁ耳なあどしたぁやぁ?たれでんのがぁ
洗濯バサミでとめどげぇえ」
(いいえ。このコのお耳は洗濯バサミしても立ちません)
しきりに値段を聞いて来たり
「噛むがぁ?」って聞いてきて
あたしが帰る前の日には
冷蔵庫に貼ってあるお買い物リストを書くマグネットに
ぴょんたんの種類名を書かせて
「ホーランドロップイヤあーーだあどおはっはっはー」と
声高々に読みあげてご満悦でしたよぉ。
もしかしてお迎えするんでしょうかねぇ。
でも値段を聞いて驚いて悩んでたからなぁ。
昔の人なのでどーしてもペットというのは
人から貰うモノだと認識しているようで
子兎に何万も出すなんて考えられないのだ!
朝からうさちゃん達と遊びたいらしくて
まだあたしが寝ている時間に
やまちゃん&ぴょんたんをうさぎアパートから出して
ふたりがお部屋を探検している様子を
ニヤニヤしながら見ていたそうですぅ。
ってかハネムゥーンベイビィができてなきゃいいケド。。。
親戚のおばさんが来た時もぴょんたんを見つけて
メロメロでしたよぉ❤
次の日には孫を連れてきて「兎を見に来ましたぁ」って
みなさんぴょんたんにクギ付けでしたぁ。
な~んぼかわゆいんだべ><
やまちゃんはちょっと影が薄かったねぇ☆ミ
でも臆病ちゃんだからその方がよかったかなぁ。
知らないトコに来たから食が細くなったのぉ。
牧草&りんごはたべるんだけどねぇ。
でも帰る3日くらい前になったら気持ちが落ち着いたのか
普通に食べれるようになりましたぁ。
今もモリモリ食べてるよぉ♪

帰る当日は大慌てでしたよぉ><;
やまちゃんがキャリーバッグを食べちゃったのぉぅ。
布で出来てて上の部分がメッシュになってて
布とメッシュの繋ぎ目のトコを見事に穴を開けていてicnem0121.gif
お姉がそれを見つけてくれたんですぅ。
それを知らずにヨーグルトを食べようとしていたあたし。
どーしよどーーしよぉぉって焦ってたら
お姉が安全ピンでとめてくれて
「これでダイジョブな気もするケドまたやりそうだねぇ」って
地元のホームセンターに行く事にしたんですぅ。
でもまだ”行く”って決めてなくて
さっきの食べかけのヨーグルトを思い出したので
キッチンで食べようとしたらお姉がすっ飛んできて
「ちょっとっ!行くんなら行くで準備してよっ」って言うので
ヨーグルトをシンクの三角コーナーに捨てようとしたら今度は
「こぼさなくていいからさっさと喰えっっ><#」って怒るので
味わう間もなくくちの中へかきこみましたぁぅ。
お姉は昔からとっさの時になるとおっかない人になるんですぅ。
ヨーグルトは何日間か冷蔵庫に入っていたので
真ん中の方がやけに冷たくてまるで罰ゲームでしたよぉ。
ゆっくり食べたかったなぁいちごヨーグルトぉ。
罰ゲームが終わって「ヒィヒィ」言いながら戻ったら
キャリーバッグにガムテープがしてありましたぁ。おばあやんだぁ。
そんなこんなで大慌ての最中に
おばあやんが例のシップを枚持ってきて><
「ちょっとコレ貼ってけでぇぇ」ってこたつテーブルに両手をついて
シップを貼ってもらう体勢になっていたので
ひとりで忙しぶってるあたしはココロの中で
『ぇ~~ん』って思いながら
お洋服をべろんっと巻き上げて
丸くなった背中&腰にシップを貼ってあげましたぁ☆
貼ると「ひゃっけぇっ!ひゃっけぇっ!」て悲鳴をあげるんですぅ。
ホントにシップって貼る時のひんやり感がイヤだよねぇぅ。

ホームセンターでは
ココは盛岡より田舎なのでかわゆいのがないんだろなぁって
心配だったんだケドお気に入りが見つかってよかったですぅ。
やまちゃんがすっぽり入るわんちゃん用のなんだぁ❤
お姉の車で盛岡まで乗せてもらって無事に帰る事が出来ましたぁ。


向こうでの生活ぶりをまた他の日に書こうと思いますぅ。
ってか田舎に居た時に更新したブログが
おかしな表示になってるぅぅ。恥ずかしいぃ><;
ぴょんたんも顔が大きいからはみ出てるし
コレはサイズ変更しなおさないとねぇ。
スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索